サプリメント

一日どのくらいの摂取量が目安?

もともと人間の体内に存在する物質である「オルニチン」は、アミノ酸の一種であり肝臓機能の向上や改善に効果的であるとされています。
食品から補うことも可能ですが、1日に必要な摂取量はおよそ400ミリグラムから1000ミリグラムとされており、なかなか必要量まで届かないのが現状です。
オルニチンの摂取目安量に届かせるためには、オルニチンを豊富に含むしじみを優先的に摂取する必要があります。

ただししじみは35個程度で約10ミリグラム程度しか含まれていないため、400ミリグラムに届かせるためにはその何倍ものしじみを調理して食べなければなりません。
しじみ以外食品でいうとキハダマグロでは100グラム中約2ミリグラムから7ミリグラム程度。
400ミリグラムに届かせようとなるとキロ単位でマグロを口にしなければなりません。
一日の摂取量とはいえども、到底実現には難しい単位となっています。

そこで、近年ではオルニチンを配合したさまざまな製品が登場しています。
もっとも手軽なものではサプリメントが活用しやすいのではないでしょうか。
「しじみ○○個分」などとわかりやすい表記が書かれている製品もありますが、100個や300個など個数に惑わされず、まずは一日のオルニチンの摂取量に届くかどうかを念頭に置いて商品を選ぶと良いでしょう。

オルニチンが凝縮配合されたサプリメントは、持ち運びがしやすく、ほかの食品や飲み物などと合わせて摂取できるので非常に摂り入れやすいアイテムとなっています。
特にお酒を頻繁に飲む方は、オルニチンを配合したサプリメントを持ち歩き、飲み会などの前後に摂取することで肝臓機能のサポートアイテムとして使うのが正解です。
錠剤以外にもドリンクタイプなども登場していますので、飲みやすいかどうかで決めても良いかと思います。

オルニチンを大量に含むしじみをはじめ、食品から摂取することがもっとも自然であり、望ましいとされています。
しかし毎日毎食必ずしじみを摂ることは、現代人の食生活にはなかなか困難な部分があります。
どうしてもしじみが口にできない場合はサプリメントや健康食品を活用するなどして、効果的にオルニチンを摂取するよう工夫してみましょう。

Copyright(C) 2013 貝で健康的な栄養素を摂取 All Rights Reserved.