サプリメント

しじみのパワーを知る

味噌汁の具材の定番であるしじみは、日本では古くから肝臓に良い食材として用いられてきました。
中国の医学書にもしじみが肝臓へ解毒作用をもたらすと書かれているほどで、昔の人々にも注目されてきた食材であることがわかります。
しじみは肝臓という代謝に重要な部分の健康を守る食材であり、なおかつ最近では美容にも良いものとして認知されてきています。

・しじみの美容効果
しじみには発育のビタミンといわれるビタミンB2や造血に関与し肩こり・腰痛の緩和に役立つビタミンB12、また貧血を予防して体調を整える鉄分や亜鉛などのミネラルがバランス良く含まれています。
これらの栄養素は女性のホルモンバランスを整えるほか、美肌効果や全身の新陳代謝にも関わるため、女性だけでなく男性にとっても重要な栄養素と言えます。

・お子さんへの効果
しじみはその小さな体の中にさまざまな栄養素を有しています。
味覚障害を予防する亜鉛、ストレス対策に有効であり、骨や歯の形成に欠かせないカルシウム、また身の中に含まれるたんぱく質とレクチンが、喉の強化や免疫力アップなどにつなげてくれるので、風邪やウイルス感染を起こしにくい強い体を作ることができます。
これらの効果は大人ではなくむしろお子さんにとって重要なもので、特に爆発的に体の組織が成長していく成長期には積極的にしじみを食べるようにしたいものです。

・疲れへの効果
栄養ドリンクのCMでも知られるタウリンは、しじみなどの貝類に多く含まれている疲労回復の成分です。
一日の運動や精神的な疲れを緩和し、さらに血圧低下やコレステロール抑制作用などをもたらすため、お酒を飲んだ後などはオルニチンと一緒に摂取することが効果的とされています。

・摂取上の注意点
しじみは出汁より身の方に栄養素が詰まっているので、味噌汁の汁だけを飲んでも栄養が全て摂取できるわけではありません。
今まで身を残していた方は、ぜひ今日から汁だけでなく身も口にしてみましょう。

Copyright(C) 2013 貝で健康的な栄養素を摂取 All Rights Reserved.